髪ハネの悩み 片方だけハネる髪

PublicDomainPictures / Pixabay
PublicDomainPictures / Pixabay

私は31歳で、現在事務職として働いています。

私の髪は、細めでやわらかい髪質です。
量はふつうで、うねりなどもあまり無く、サラサラで良い髪質に恵まれていると思います。

しかし、ひとつ長年の悩みがあります。
それはなぜか髪の右側だけか跳ねてしまい、全体的に髪が右へ向いているようになることです。

髪が長ければ目立たないのですが、髪を短くすると、どうしてもピヨンっと右だけが跳ねているのが目立ってしまいます。

それと、前髪がどうしても真ん中でぱっくり割れてしまうことです。

片方だけ髪がハネる私がこれまでしてきた改善対策

今まで試した対策としては、ヘアアイロンで真っ直ぐに伸ばす方法です。
しかし、かけた直後は良いのですが、少し経つとやはり右だけが跳ねてしまいます。

前髪には効果がありましたが、今度は真っ直ぐになりすぎて不自然な仕上がりになってしまう上、髪が傷んでパサパサになってしまい、結局ヘアアイロンはやめてしまいました。

次に試した方法は、ヘアワックスです。
これも柔らかいワックスでは全然、効果がありませんでした。

毛先にハードワックスを使うわけにもいかず、いろいろ試して使わなくなったワックスが余るだけで、これも失敗でした。

さらに、美容院でパーマをかけてもらいましたが、すぐに右側だけ取れて、また跳ねてしまうのです。
どうしようもなく、結局、髪を結んでごまかしていました。

片方だけの髪ハネを解決した方法はこれ!

これを解決してくれたのは、美容師さんでした。
もともと、あまりマメに美容院に行く方ではなく、学生の時はスピード勝負の安い美容院に通っていました。

それを就職を機に、見た目にも気を遣うようになり、美容院を変えたのが切っ掛けでした。

美容師さんは髪の毛の悩みに相談に乗ってくれ、いろいろなアドバイスをしてくれました。
髪が右に跳ねるのは、日本人に多い特徴で、髪の毛の旋毛の向きが原因で右に跳ねてしまう人が多いそうです。

髪の切り方(美容師さんの腕)によっても跳ね方が変わってくるそうなのですが、ドライヤーの使い方でとてもに良くなるそうです。
美容院で最後、髪を乾かしてもらいながら、ドライヤーで跳ねにくい乾かし方を教わりました。
右跳ねの原因は旋毛の向きとの事なので、
ポイントは根元から乾かす事、後ろから前に向かって髪の毛を内側へねじりながら、少し髪を持ち上げてドライヤーをあてると跳ねにくく髪の毛がまとまるそうです。

また前髪は真ん中の癖が付いている部分を、空いている方の手で撫でるように左右に動かしながら乾かし、右側から左側からと、両方向からドライヤーをあてると、
真ん中で割れてしまう癖が良くなるそうです。

自宅で美容師さんのアドバイスの通り、乾かしてみると、本当に綺麗に左右、内巻きになりました!
しかも、ヘアアイロンを使っていたときとは違い、それがちゃんと1日中、その状態がキープ出来ていました。

前髪は朝起きると、やはり割れてしまうため、寝ぐせ直しのヘアウォーターで前髪をぬらし、教わった通りに乾かすと癖がなくなります。

この方法で、ずっと悩んできた癖が改善できました!
ドライヤーの使い方だけで、ここまで変わると思わなかったので驚きです。
ワックスやコテなども必要ないので髪も傷まないのでおすすめです。

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)